FC2ブログ
総合健康空間「ヘルシースペース美園」スタッフ・長江そのみの、のんびりブログ。
赤紫蘇のふりかけ
2013年08月26日 (月) | 編集 |


赤紫蘇でふりかけを作りました。
写真の色が悪くて、粉茶みたいですね。



まずは、梅干しを食べた後に残った赤紫蘇を絞って、ざるに広げて干しました。
なかなかカラカラにならないなぁ、とのんびりしていたら、3週間ほど経って
しまいました。



まだしんなりとしていたので、お皿に乗せてレンジでチン!あっという間に
カラカラになりました…。最初からレンジにすれば良かったかも。

カラカラになった赤紫蘇をミルに入れて粉々に。一番上の写真のとおり
ちょっとミルにかけ過ぎたみたいで、すごく細かくなってしまいました。



ふりかけというより粉末なのですが、味に変わりはありません!朝食や
お弁当のご飯にふりかけて食べています。

ただ、塩分が強いので、かけすぎないようにしています。


スポンサーサイト



なすの牛
2013年08月18日 (日) | 編集 |


今年もお盆休みが終わりました。

13~15日は、日替わりでお仏壇にお供えをします。13日はおだんごと
お水、14日はご飯とかぼちゃの煮物、15日は冷麦です。

14日には、なすの牛も作ります。



なすの牛の荷物の材料は、大きな葉が3枚ついているものとメヒシバ、お塩と
お味噌と山椒を準備します。



大きな葉でお塩・お味噌・山椒をそれぞれ包み、メヒシバで縛ります。



これを6本作ります。



3本ずつ振り分け荷物のようにして、なすの牛に乗せてあげます。これで
完成。こういうのを作っている時間って、すごくゆったりと過ぎていって
楽しいですね。

でも、この荷物、どんな意味があるのでしょうか。お塩とお味噌は調味料?
山椒は…なんでしょう。


ソーセージの茹で方
2013年08月05日 (月) | 編集 |


モニプラで、こんなかわいい箱が届きました。



今回は、日本食研プロージットの「ヴィーナー・ヴルスト」というやわらかい
ソーセージです。



食べ方は、ボイルがお薦めとのこと。茹で方は、お湯が沸いたら火を止めて
ソーセージを入れて5分温めるだそうです。グツグツと煮ないんですね。

  火を止めたお湯に入れて5分そのまま



きちんとタイマーで計りましたよ。皮が破れることなく、上手に茹で上がり
ました。味は、いつも食べているソーセージよりも塩味が薄く、肉の旨みを
そのまま味わえました。

ソーセージを茹ですぎて爆発させてしまうと、一気においしさが抜けてしまい
ますよね。今までは茹ですぎて爆発させてしまうことが時々ありましたが
こうすれば失敗なく茹でることができそうです。

プロージットファンサイトファンサイト参加中

【東京駅銘品館中央店限定】東京カフェクッキー42枚入(税抜2,000円)10名様

★もち吉★新味のおせんべい!【下町こまち つぶつぶチリ】15名様募集!

【200名様】新しい美味しさを体感!新発売コーヒーモニター大募集!

【新商品】 「12種の素材をおいしく食べるスープ」モニター50名様募集!

【テーブルマーク】『下町シリーズ』から人気の3商品 モニター96名様募集!

豚丼の発祥地、帯広で圧巻の味!【豚丼風味ハンバーグ 】お試しモニター大募集♪